【日本も対象】タイに隔離なしで入国可能。【ハードルは未だ高い】

みなさん。こんにちは。しげりんです。

ついに!!2021年11月から隔離なしでタイへの入国が可能になります。

待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

ただし、タイに入国の際に必要な書類があり、コロナ前の状況ではまだなっておりません。

今回は2021年11月のタイの入国に関して、条件や必要なものをまとめました。

なお、タイ政府の発表により変更となる場合がありますので、ご注意をお願い致します。

対象は46か国

今回の2021年11月から隔離なしで入国できるのは以下の46か国です。

1. オーストラリア

2. オーストリア

3. バーレーン

4. ベルギー

5. ブータン

6. ブルネイ・ダルサラーム

7. ブルガリア

8. カンボジア

9. カナダ

10. チリ

11. 中国

12. キプロス

13. チェコ

14. デンマーク

15. エストニア

16. フィンランド

17. フランス

18. ドイツ

19. ギリシャ

20. ハンガリー

21. アイスランド

22. アイルランド

23. イスラエル

24. イタリア

25. 日本

26. ラトビア

27. リトアニア

28. マレーシア

29. マルタ

30. オランダ

31. ニュージーランド

32. ノルウェー

33. ポーランド

34. ポルトガル

35. カタール

36. サウジアラビア

37. シンガポール

38. スロベニア

39. 韓国

40. スペイン

41. スウェーデン

42. スイス

43. アラブ首長国連邦

44. イギリス

45. アメリカ

46. 香港

Ministry of Foreign Affairs, Kingdom of Thailand
https://image.mfa.go.th/mfa/0/mkKfL2iULZ/List_of_countries_under_category_13/List_of_Countries_(ENG).pdf
(引用翻訳)

条件

  • ワクチン接種済み(接種完了から14日以上経過していること)
  • 空路での入国であること
  • PCR検査を受け、証明書を発行すること
  • コロナ治療をカバーする医療保険に加入すること
  • タイ入国後、約1週間経過時に自己検査(ATK等)をアプリ経由で報告すること。

必要なもの

  • 航空券
  • 新型コロナウイルス陰性証明書(英文)
  • コロナ保険
  • 入国許可証(COE)またはこれに準ずるもの
  • ホテルの支払い証明書(領収書)

航空券

空路でのみが許可されております。そのため、航空券は必須となります。
現状、陸路では隔離免除は認められておりません。

新型コロナウイルス陰性証明書

タイ入国前の72時間以内に発行された、新型コロナウイルス陰性証明書が必要になります。

コロナ保険

最低でも5万ドル以上の補償があるコロナ保険の加入が必須です。

入国許可証(COE)またはこれに準ずるもの

基本的には入国許可証(COE)になると思います。
隔離免除後も引き続いてノービザでの入国はできません。事前にビザを取得する必要がありますので、ご注意ください。

(在東京タイ王国大使館HP)特別観光ビザ

(在東京タイ王国大使館HP) ビザの種類と必要書類

ご自身に適するビザを事前に申請・取得をお願い致します。

ホテルの支払い証明書(領収書)

こちらは変わらず11月以降も必要になります。
入国後のPCR検査結果がでるまで、ホテル等で待機が必要になります。

最後に

いかがでしたか?

隔離が免除にはなりますが、引き続き陰性証明書やビザの申請が必要なので、まだまだ自由に渡航ができない状況であると認識しております。

さらに、日本帰国後は14日間もしくは10日間の自主隔離が必要なので、長期間お休みを取れない方だと厳しいと考えます。

よって、今回の隔離免除後でもタイへの渡航のハードルはまだ高いと思っております。

なお今後も規制が緩和されると予想ができます。
ノービザでの入国が可能になり、コロナ保険の加入や陰性証明の提出が不要になった時がベストではないでしょうか。

今後のさらなる規制緩和を願っております。




(最終更新日:2021年10月24日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイが大好きな20代の会社員です。幼少期から約10年間、タイ・バンコクで過ごしていましたが、2021年からは再びタイ・バンコクに住むことになりました。 巷であふれているタイの観光に関する情報だけではなく、在住経験者の目線やタイとのハーフである立場から、ニッチな情報もお伝えすることで、タイの観光産業に貢献できればと考えております。