【映え】タイのインスタ映えスポットのグルメや商品をご紹介!【若者必見】

みなさん、こんにちは。しげりんです。

今回はタイのインスタ映えスポットにあるグルメ情報や商品を4つ紹介します! 

<ご注意>
コロナ禍の現在では、閉鎖や閉業をしている場合がございます。
訪問の前には事前に最新情報を入手することをお勧めします。

①チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット(ตลาดสวนจตุจักร)

1つ目は週末の土日のみに開催される、バンコク最大のマーケットである「チャトゥチャック・ウェークエンドマーケットです。

15,000店以上の出店で構成されおり、グルメのみならずあらゆる買い物が楽しめる場所になっております。

カフェではトロピカルフルーツをはじめとしたスイーツや、屋台定番の串焼きなど、食べたいものは何でもあるような場所です!また、食べ物に限らず、本当になんでも売っているので、食欲と物欲は結構満たせることができます!

ちなみに、こちらの写真は巨大パエリアです。色鮮やかで見てるだけで楽しめますよね。

これはタイの定番屋台飯「カオマンガイ」です。

茹でた鶏肉とその茹で汁で炊いたご飯、そしてきゅうりがのっています。お好みでしょうゆや酢、ナンプラーをかけていただきます。

あっさりしていて日本人にぴったりの味です。

場所

②カオサンロード(ถนนข้าวสาร)のグルメ 

次に紹介するのは、バックパッカーの聖地として知られる「カオサンロード」です。

約300メートルの路地に安宿、飲食店、マッサージ屋、クラブやバーなどが混在しています。

欧米からの旅行客も多く、多国籍の人々が集まり、夜は想像を超えた賑わいになります。

そんなカオサンロードでおすすめなのが、「プーパッポンカリー」です。タイの名物として知られており、ぶつ切りにした蟹が入っています。

こちらもタイの名物「パッタイ」です。 

モチモチの麺と鶏肉や海老、卵を炒めて作ります。付け合わせとして生のもやしと砕いたピーナッツがのっていることが多かったです。 

パッタイはカオサンロードのみならず、多くのお店で提供している場合が多いです。どのお店も本当においしいので、タイに行ったときには絶対に食べて欲しい一品です。

場所

③メイクミーマンゴー (make me mango)

メイクミーマンゴーはワット・ポーの近くにあり、マンゴースイーツが楽しめるお店です。

みずみずしくて甘いマンゴーを贅沢に使っていて、見た目も華やかです!!

店内はシンプルで落ち着いた雰囲気で女子会に向いています。

タイには、ココナッツミルクと砂糖で炊いたもち米とマンゴーを一緒にした「マンゴースティッキーライス(カオニャオ・マムアン)」と呼ばれるデザートがあります。

マンゴーともち米なので、最初は半信半疑な気持ちになると思いますが、想像以上に相性は抜群でハマってしまう人も続出のようです。

タイは南国なので本当にフルーツがおいしいです。私は特にパイナップルの甘さに驚きました。日本でもパイナップルは売っていますが、タイのものは甘さが桁違いでした。 

場所

④コンビニのカラフルなドリンク 

最後に紹介するのは、コンビニで買えるドリンクです。 

ピンクのパッケージがかわいいですよね。 

タイにはカラフルな壁紙が多いので、その前で写真を撮るのがおすすめです。

また、ピンクのみならず色鮮やかな飲み物がたくさん売っているので、お好みの色のドリンクを買って、写真を撮るのもいいですね!

ちなみに、タイのコンビニでは、おにぎりや餃子も売っており、タイ料理が食べれるのか心配な方でも安心して旅行することができます。

あと、タイのコンビニグルメではホットスナックが充実しています。こちらもおいしいので、ぜひご賞味ください!

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介したのは以下になります。

  • チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット(ตลาดสวนจตุจักร)
  • カオサンロード(ถนนข้าวสาร)のグルメ 
  • メイクミーマンゴー (make me mango)
  • コンビニのカラフルなドリンク

タイにはインスタ映えかつおいしいものがたくさんありますので、旅行の際はぜひ探してみてくださいね!

また、オススメのところがありましたらぜひコメント欄にて教えてください。



(最終更新日:2021年7月31日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイが大好きな20代の会社員です。幼少期から約10年間、タイ・バンコクで過ごしていましたが、2021年からは再びタイ・バンコクに住むことになりました。 巷であふれているタイの観光に関する情報だけではなく、在住経験者の目線やタイとのハーフである立場から、ニッチな情報もお伝えすることで、タイの観光産業に貢献できればと考えております。