【大麻(医療用)】タイ国内における大麻栽培解禁による注意点とお店の紹介

皆さん、こんにちは。しげりんです。

はじめに

本記事は大麻の使用を推奨している内容ではございません。
注意喚起とご紹介になりますので、予めご理解頂きますようお願い申し上げます。

タイでは医療用大麻の栽培・使用が解禁

2022年6月9日より、タイでは大麻の使用、栽培が認められるようになりました。

ただし、認められているのは医療等を目的とした使用と栽培になるため、娯楽目的のための使用は引き続き認められております。

また、公共の場での使用は禁止となっております。

日本では大麻取締法で罰せられる可能性あり

また、日本国内におきましては、大麻取締法が存在します。

大麻の所持等は禁止されておりますので、日本に持ち込もうとした際はこちらの法によって処罰が課される可能性があります。

さらに、日本国外で大麻を所持、栽培等をした場合などに罰する規定も存在しますので、罪に問われる可能性もございます。

タイに旅行した際には、大麻を使用してしまう場面があるかと思います。

その際は、タイの法律をしっかりと守って頂きますようお願い致します。

CBDとはなにか?⇒麻からとれる成分の一つ

CBDとは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

麻の茎や種子(タネ)から抽出された成分のことを指します。

CBDは精神的な作用や中毒性がないので、医療や美容の分野で注目が高まっています。

CBD商品はどこで入手できるのか?

筆者が知っている場所をご紹介致します。

①チャトチャック市場

チャトチャック市場内にCBDドリンクを販売しているお店がありました。

私は、CBDティー(お茶)を飲んでみました。

注文したものは、加糖もなく個人的にはお茶って感じでした。

それにしても、甘くないお茶をタイで飲んだのは久々でした(笑)

(メニューの写真を撮っておらず、すいません。。。)

こちらは1杯89バーツでした。

飲んだ日の夜、寝つきがすごく良かったので、もしかしたらこれのおかげ?と思っています。

場所

正確な場所ではありませんが、チャトチャック市場内の外周にあったと記憶しています。

大体の場所になりますが、Googleマップでご紹介致します。

最寄り駅:

BTS モーチット駅(Mo Chit Station)
MTR チャトチャック公園駅(Chatuchak Park Station)または、カンペーンペット駅(Kamphaeng Phet Station)

②Jodd Fairs

昨年、ラチャダー鉄道市場の隣の駅にオープンしたJodd Fairsにも出店がありました!

私が注文したのは、CBD入りのピーチティーです。

値段は忘れました。50Bくらいだったと記憶しています。

味は、、、ピーチティーです笑

場所

最寄り駅:地下鉄MRT ラマ9世駅(Phra Ram 9 Station) 

最後に

いかがでしたか?

これまで禁止されていたものが解禁になると、ちょっと手を出したくなる気持ちはとても分かります。
これから使用等される方は、自己責任でお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイが大好きな20代の会社員です。 タイ・バンコクには、幼少期から約10年間と2021年に約半年間過ごしていました。 タイの観光や生活に関する情報を、元在住経験者の目線や日タイハーフの立場から、ニッチな情報もお伝えすることで、タイの観光産業や経済に貢献したく考えております。 皆様どうぞよろしくお願い致します。