【プレオープン】バンコク鉄道「レッドライン」が開業!日本製車両で移動が便利に!

みなさん、サワディーカップ。しげりんです。

日立製作所製の鉄道車両がバンコクを走るようになりました。2016年に開業したパープルラインに続き、日本製の車両は2路線目になります。

今回のレッドラインはパープルラインと違い、内装がほとんど日本と同じになっております。

また、今回の建設、車両、電気設備等は日本の円借款で約2600億円の支援がありました!

実際に筆者も乗車してきましたので、皆様にご紹介したいと思います。今回は鉄道ファン必見です!

開業日

プレオープン:2021年8月2日

正式開業:2021年11月 予定

正式開業は11月の予定ですが、状況により変更になる場合がございます。

路線図

バンコク中心部のバンスー駅を起点として北部と西部はドンムアン空港、パトゥムターニー県のランシットまでを結ぶ路線です。

バンスー駅

車両の外観

車両の内観

車両の外の装置類

駅の様子

上のギャラリー内にもありますが、プレオープンの期間は無料で乗れますが、改札通過前にスマホ等でQRコードを読み取る必要があります。

QRコードを読み取るとGoogleフォームに飛びます。下車予定の駅を選択して送信します。

車庫

場所

最後に

いかがでしたか?

第2の空の玄関口、ドンムアン空港に新しい鉄道ができ、バンコク市内までの移動はとても便利になりますね。

また、日本から離れたところで日本製のモノが活躍し、生活を豊かにしているのは、日本人として誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。

今後も日本の素晴らしい鉄道技術がタイのみならず、世界中に広まっていくことを願っております。



(最終更新日:2021年8月21日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイが大好きな20代の会社員です。幼少期から約10年間、タイ・バンコクで過ごしていましたが、2021年からは再びタイ・バンコクに住むことになりました。 巷であふれているタイの観光に関する情報だけではなく、在住経験者の目線やタイとのハーフである立場から、ニッチな情報もお伝えすることで、タイの観光産業に貢献できればと考えております。