【MBKが進化する】東急百貨店跡地に24Hドンキが開業予定!!

こんにちは。しげりんです。

今回はMBKの今後について、皆様にご紹介します。
2021年1月31日に、MBK Centerの一角にある東急百貨店が、35年の営業を以って閉店となりました。
跡地には様々なテナントが入居する予定ですが、今回の目玉は、日本でもタイでも有名な海外版ドン・キホーテ「DON DON DONKI」が2階にOPENする予定です。延べ3,000㎡の面積で、タイ国内最大の「DON DON DONKI」になります。

※本内容は、potitoningmag様の記事を参考にしております。
元記事はこちらから。(タイ語です)

東急百貨店跡地の2階に「DON DON DONKI」(24時間営業)

2021年1月31日に惜しくも閉店となってしまった、東急百貨店跡地には様々なテナントが入居して生まれ変わります。今回の目玉は、DON DON DONKI(ドン・キホーテ)です。そしてなんと、24時間営業店になる模様です。

日本から生鮮食品を輸入して、他の既存の店舗と価格対抗をするようです。

なお、DON DON DONKIだけでコロナ後には1日で20,000人の来客を見込んでいるとのことで、知名度や需要がうかがえると同時に、期待も高まりますね!

また、タイに住む日本人にとっても、日本製品が購入する店舗が増えて、非常に嬉しいことですね。

ターゲットは外国人5割:タイ人5割に

コロナ前のMBKの客層は、外国人7割、タイ人が3割でしたが、今後は5:5の割合にすることを目標にするとのことです。
外国人観光客にとらわれず、タイ人やタイ国内の在住向けにターゲットを変更していくようです。

MBKは開業してからの36年以来の大改装になるとのことで、ほぼ半分が改装対象になっているそうです。

MBK側も大改装!

東急百貨店側だけが変わるのではありません。
MBK側も1~7階の約50%の部分を改装するとのことです。

スーパーマーケットの面積を拡大したり、フロアごとにターゲットを、目的を絞ったりして、分かりやすい配置に改装する模様です。

また、7階にはAKB48の姉妹グループ、BNK48劇場が新しく入るとのことです。

場所について

MBKセンター

まとめ

  • DON DON DONKIが東急百貨店跡地の2階にOPEN予定。
  • 売り場面積はDON DON DONKIでタイ国内最大。
  • 1日20,000人の来客を見込んでいる。

いかかがでしたか?日本の製品がタイの色々なところで入手出来るのはすごくいいことですよね。タイと日本の距離がより一層短く感じますね。

<参考サイト>
https://positioningmag.com/1317279(2021年2月3日アクセス)

<DON DON DONKI 公式HP(タイ)>
https://www.dondondonki.com/th/





(最終更新日:2021年6月29日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイが大好きな20代の会社員です。幼少期から約10年間、タイ・バンコクで過ごしていましたが、2021年からは再びタイ・バンコクに住むことになりました。 巷であふれているタイの観光に関する情報だけではなく、在住経験者の目線やタイとのハーフである立場から、ニッチな情報もお伝えすることで、タイの観光産業に貢献できればと考えております。